ノコギリヤシに注目

昨今、男性型脱毛症に効くと言う事でノコギリヤシが注目されています。

ノコギリヤシ配合の育毛剤が次々発売されているのが効く証左でもあります。

これまで男性型脱毛症と言うと、副作用も強い薬品が多く、自然由来で安心して使用を継続できるものが皆無でした。

そう言う意味でも、自然由来のノコギリヤシが男性型脱毛症に効くと言うのは朗報でもあるのです。

しかも、ノコギリヤシはジヒドロテストステロンの働きを直接阻害する効果がある画期的な成分なのです。

もちろん、劇的な効果とはいきませんが、漢方と同じ様な効果と言えるでしょう。

そんなノコギリヤシ配合の育毛剤のなかでもフェルサは育毛サプリもセットになっており、外側から内側からのダブル効果が期待される育毛剤です。

また、合わない場合は全額返金保証制度もあるので安心して試す事が出来ます。

セットで9800円と言うのも育毛剤としては丁度中間値に位置する価格で問題ありません。

ノコギリヤシ以外の育毛効果がある成分にも注目です。

 

国内唯一の発毛剤リアップ

国内で最も男性型脱毛症に直接効くであろう育毛剤はリアップです。

リアップは育毛剤と言うより、国内唯一の「発毛剤」と考えて良いかも知れません。

リアップの特徴と言えば、男性型脱毛症に効果があるミノキシジルと言う成分が配合されている事です。

ミノキシジル自体は、服用薬も売っていますが、育毛剤に配合されたケースと言うのはリアップのみで、これはリアップの特許でもあるのです。

ゆえに国内では育毛剤、発毛剤でミノキシジル配合のものはこれまでも、今後もリアップしか存在しないと言えます。

以前はミノキシジルの配合率は1%でしたが、先頃発売されたリアップx5はミノキシジルが5%配合に増えました。

5%配合の発毛剤は言ってみれば世界基準で、外国製のミノキシジル配合の発毛剤と肩を並べるものです。

リアップの特許は国内だけ有効なので、外国産であればミノキシジル配合の発毛剤や育毛剤は沢山の種類が発売されています。

この場合は個人輸入代理店を通して購入となりますが、メリットは安いと言う事だけです。

 

男性型脱毛症には育毛薬が効く?

男性型脱毛症の治療と言うと、まず名前が挙がるのがプロペシアです。

これは塗布する薬ではなく、服用薬です。

基本的には医師に処方してもらう薬ですが、個人輸入で購入する事も出来ます。

プロペシアは、男性ホルモンを抑制する薬です。

プロペシアを服用すれば、ジヒドロテストステロンの根本である男性ホルモンの分泌異常を抑える訳です。

男性ホルモンが少なければ、例えジヒドロテストステロンが生成されても影響がない程度の量で済むと言う事なのです。

専門医に行きますと、現在では大抵処方される薬です。

ですが、保険適用外の薬となりますので、継続して使用する観点からは費用的に厳しいと言えます。

そこで、多くの人は個人輸入を利用して、プロペシアのジェネリック薬を安く購入する人が増えています。

プロペシアのジェネリック薬は沢山存在し、フィンペシア、エフペシア、フィナロ、フィナバルドなど様々です。

しかし、副作用がある薬ですので個人で購入する場合は全てが自分自身に責任があると言う事は理解して購入しましょう。

 

男性型脱毛症の抑制とは?

男性型脱毛症が現在における禿げの最も有力な原因です。

この男性型脱毛症を解消する事が、生際や頭頂部の禿げを解消する事と同じなのです。

では、男性型脱毛症を本当に治せるのでしょうか?

男性型脱毛症を解消する事は、ジヒドロテストステロンを解消する事に他なりません。

しかし、現状ではこのジヒドロテストステロンを直接的に攻撃する方法は未開発です。

では、男性型脱毛症は治らないのでしょうか。

いえ、そんな事はありません。

発想の転換で、ジヒドロテストステロンを直接どうにも出来ないのなら、ジヒドロテストステロンを生成させなければ良いのです。

つまり、ジヒドロテストステロンが生成される以前の状態で止めてしまえば良いと言う事です。

要は男性ホルモンの分泌を抑えるか、5aリダクターゼの働きを阻害すれば、ジヒドロテストステロン自体が出来上がらない為に、脱毛作用が起こらない訳です。

現在の発毛、育毛業界では、この方式に則って育毛剤や発毛剤の開発をしているのです。

 

生際が薄くなる理由とは?

年齢に関係なく、薄毛や抜毛に悩んでいる人は少なくないでしょう。

特に生際が薄くなると、人目につきやすく気になるものです。

ですが、一体何故生際は薄くなるのでしょうか。

現在は、一昔前の様に禿げは遺伝から来るものと言う説より、禿げは男性型脱毛症のせいと言う説が主力となってきました。

男性型脱毛症は男性ホルモンの過多が起因となります。

男性ホルモンが5aリダクターゼと言う体内の還元酵素と結び付きます。

この2つが結合する事で、ジヒドロテストステロンと言うホルモンが生成されます。

このジヒドロテストステロンが強力な脱毛作用を発揮するのです。

男性型脱毛症は生際、つまり前頭部と頭頂部から禿げていくのが特徴です。

とは言っても、多くの禿げはこの2か所から始まるのが普通ですので男性型脱毛症の多さが判ると思います。

現在は、この男性型脱毛症を解消することこそが禿げの治療や予防になると言う考え方が主流となっているのです。

では、男性型脱毛症を抑制出来るのでしょうか?